飯田 外構・造園工事 エクステリア&ガーデン ワンスタイル

目的別 かしこい庭づくり

ONE STYLE の考えるお庭づくりのキホン。

「一年を通じて美しいこと」「家族みんなが楽しめること」「庭の手入れがしやすいこと」

新しくお庭をつくる場合や、古いお庭をリガーデンする場合など、目的別に庭づくりのポイントをご紹介します。

case_image_01.jpg

新築のお庭をつくる

はじまりはゾーニング

アプローチや庭などのスペースの取り方、駐車スペースやサービスヤードの位置や広さを大まかに決めていく作業をゾーニングといいます。敷地の高低差、隣地や道路との関係など、様々な条件を検討します。

case_image_02.jpg

01門廻り

駐車スペースの近くに配置すると機能的に良いです。
お家の“顔”となる場所なので、貧相にならないように注意します。

門からドアまでを長めにとると、シンボルになる植木や季節の花を楽しめます。建物が出来上がる前のほうが選択肢がより広がります。

02駐車スペース

敷地の広さにもよりますが、家族の車とお客様用に最低でも2台分あると安心です。
道路に対して直角の駐車スペースにするか、平行に駐車するか、組合せなどを検証します。

03アプローチ

門と玄関を繋ぐ部分。毎日家族が通る場所であり、お客様も訪れる場所です。
単調にならないように演出を考えます。

通るたびに、気持ちのスイッチを入れ替える場所です。
早めにプロに相談して、素敵な場所をつくりましょう。

04メインヤード

“お庭”と言ったらここ!
家族のお庭での過ごし方に合わせて、日当たりや広さを考慮していきます。

お庭のテーマを決めましょう!リゾート気分が味わえる。ペットと一緒に走り回れる。バーベキューができるなどなど、ほしいと思う庭全体のテーマを決めるとより具体的なイメージができます。

05バックヤード

名前の通り“裏庭”です。日当たりの悪い場合が多く、何もしないと雑草だらけになってしまいます。
勝手口からの通路や、ガーデニングやカー用品の収納場所など、庭を支える場所として活用していきましょう!

06サービスヤード

洗濯物を干したり、ゴミを出したり、家事を行う屋外スペースです。
バックヤードと重なることも多く、使いやすい配置を考えていくことが必要です。

少しずつつくりましょう。新築の場合、建物に予算がかかってしまい、お庭に十分な費用がかけることができなくなってしまうこともあります。
まずは相談だけしていただき、 その時の予算に合わせて徐々に、でも確実に、納得のいくものをつくりましょう。
case_image_03.jpg

古い庭をリガーデンする

劇的ビフォーアフター

子供たちが小さいころは一緒にボール遊びをしたり、プールやバーベキューをして大活躍した庭。子供たちが大きくなったら、ご自分の趣味や安らぎを感じられる場として作り変えたいと希望する方も増えてきています。

case_image_04.jpg

リガーデンの第一候補は門廻りやカーポート

家の顔とも言える門や塀。年月が経つごとに薄汚れてしまい、寂しい印象になってしまっては、家全体がトーンダウンして見えてしまいます。

明るい色使いのレンガや、緑を足してみると印象がガラッと変わります。また、子供の車が増え大きなカーポートが必要になったり、将来のことを考えて、段差をなくす、手すりをつけるなど、バリアフリー対策を行ったりする方も多くいます。

一番面積が大きな駐車スペース。大切に作っていくとお庭全体の印象が一気に変わります。コンクリートにラインを入れたり、レンガや石を組み合わせたり、
case_image_05.jpg

安全で安心できる庭に

リガーデンは自分の庭が「安全」で「安心」か改めて確認できる最良の機会です。

植木が茂りすぎて見通しが悪くなっている所や道路から部屋の中が丸見えになっている所などチェックして見た目もきれいで、防犯性の高い庭をつくりましょう。センサーライト、踏むと音のなる玉砂利等、上手に利用することで防犯性を高めることができます。

case_image_06.jpg

家族の思い出を大切に

家族とともに成長した庭木、奮発して買った燈籠、子供たちが楽しそうに遊んだ沓脱石。たくさんの思い出の数々は上手に再利用して、さらに思い出を刻んでいきましょう。

「この石は何とか再利用して」「この木は切らずに残したい」ご要望は遠慮せずにどんどんお聞かせください。

PAGE TOP